大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
通信教育部の概要
  1. TOP
  2. 通信教育部の概要TOP
  3. 通信教育部のポリシー

通信教育部のポリシー

1.ディプロマポリシー(学位授与の方針)

「情報化社会の新しい大学と学問の創造」の建学の理念を理解し、年齢に関係なく学問的関心を持ち続け、何事にも挑戦し続ける姿勢を持つことを前提とし、高度情報通信社会の担い手にふさわしい情報技術と知識、およびそれを支える幅広い教養と各種専門分野にまたがる知識を習得し、かつ、所定の単位を修得した学生に対して学位を授与します。

2.カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

北海道情報大学通信教育部は、「経営情報学」という新しい学問的視座のもとに、「経営」と「情報」の両分野にわたる複合的アプローチを展開しています。
「経営ネットワーク学科」と「システム情報学科」の2 学科を有し、個人の目的や目標に合わせ、基礎から専門内容まで学べます。また、高等学校教諭1種免許状(情報)、高等学校教諭1 種免許状(商業)、高等学校教諭1種免許状(数学)の免許状取得が可能です。

「経営ネットワーク学科」では、いま社会で注目を集めているe-ビジネスに着目し、インターネットを活用した新しいビジネスの構築、ネットワークの理解と創造、さらにネットワークによって可能になる海外進出のためのコミュニケーション能力の養成など、現代社会にマッチした企業経営を学ぶカリキュラムを編成しています。
「システム情報学科」では、社会で求められているSE(システムエンジニア)、すなわち企業の経営活動を理解し、最先端の情報技術を駆使して、人にやさしいシステムを実現できる人材の育成を目指します。ビジネスの仕組みを理解するための経営分野の基礎的な内容と、情報分野の基礎を築くコンピュータ・情報通信・ネットワークなど、実践的なカリキュラムを編成しています。

本学の授業は、「教養教育科目」「専門教育科目」「教職に関する科目」に大別されます。「教養教育科目」は幅広い知識の教授、知的訓練、社会の変化に対応できる資質と能力等の育成を目的としています。「専門教育科目」は基礎・応用・発展の3つに分類され、学問の専門性を高めていくものです。

get adobe reader
PDFをご覧になるにはAdobe社の提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerがお使いのコンピューターにインストールされていない場合は、左のバナーから、Adobe Readerの最新のバージョンをダウンロード(無償)してください。

ページトップへ戻る